ヴェネツィアの出版人 - ハビエル・アスペイティア

ハビエル アスペイティア ヴェネツィアの出版人

Add: vukehyla50 - Date: 2020-12-03 07:36:42 - Views: 6866 - Clicks: 7020

ヴェネツィアの出版人 (ハビエル・アスペイティア/作品社)の書評は本が好き!でチェック!書評を書くと献本がもらえる!. ハビエル・アスペイティア著「ヴェネツィアの出版人」 八重樫克彦&由貴子 訳. ヴェネツィアの出版人 著ハビエル・アスペイティア 人には誰かに書いて欲しいと思う本が必ずある。「シャジャル(エジプトの女性スルタン)の生涯」「クビライの青年時代」などは垂涎の的だが、本好きの僕にとっては出版の父「アルド・マヌツィオの.

著者 ハビエル・アスペイティア (著),八重樫 克彦 (訳),八重樫 由貴子 (訳). 商品評価: (評価人数0) 支払い方法:クレジットカード,Yahoo! ルネサンスと宗教改革 作品社 ヴェネツィアの出版人 ヴェネツィアの出版人〔ハビエル・アスペイティア / 八重樫 克彦.

ヴェネツィアの出版人ハビエル・アスペイティア 著 八重樫 克彦 翻訳 八重樫 由貴子 翻訳最初の出版人”の全貌を描く、ビブリオフィリア必読の長篇小説!. ヴェネツィアの出版人(ハビエル・アスペイティア) 「イルカに錨」のマークで知られ、 ルネサンス 後期にヴェネツイアから多くの名著を生み出した「アルド印刷所」のことを知ったのは、記憶違いかもしれませんが、 ウンベルト・エーコ ヴェネツィアの出版人 - ハビエル・アスペイティア の『 フーコー. 『ヴェネツィアの出版人』(ハビエル・アスペイティア著、八重樫克彦・八重樫由貴子訳、作品社)は、私に3つの喜びを与えてくれた。 喜びの第1は、15~16世紀のヴェネツィアにアルド・マヌツィオという、出版の真の目的を実現すべく努力を重ねた出版人. 特別価格:3,080円(税込) 在庫:あり.

ヴェネツィアの出版人 / 原タイトル:el impresor de venecia本/雑誌 / ハビエル・アスペイティア/著 八重樫克彦/訳 八重樫由貴子/訳 0. 00 (0件) 商品詳細. Amazonでハビエル・アスペイティア, 八重樫 克彦, 八重樫 由貴子のヴェネツィアの出版人。アマゾンならポイント還元本が多数。ハビエル・アスペイティア, 八重樫 克彦, 八重樫 由貴子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

ヴェネツィアの出版人 原書: El impresor de Venecia(Azpeitia,Javier) アスペイティア,ハビエル【著】〈Azpeitia,Javier〉 八重樫克彦 八重樫由貴子【訳】. ハビエル・アスペイティア | 年05月19日頃発売 | “最初の出版人”の全貌を描く、ビブリオフィリア必読の長篇小説!グーテンベルクによる活版印刷発明後のルネサンス期、イタリック体を創出し、持ち運び可能な小型の書籍を開発し、初めて書籍にノンブルを付与した改革者。さらに自ら. アスペイティア,ハビエル(アスペイティア,ハビエル/Azpeitia,Javier) 1962年スペイン・マドリード生まれの作家・編集者。1989年『メッサリナ』で小説デビュー。3作目『イプノス(催眠)』で1997年ダシール・ハメット国際推理小説賞を受賞。. 『ヴェネツィアの出版人』(ハビエル・アスペイティア) のみんなのレビュー・感想ページです(8レビュー)。作品紹介・あらすじ:“最初の出版人”の全貌を描く、ビブリオフィリア必読の長篇小説!グーテンベルクによる活版印刷発明後のルネサンス期、イタリック体を創出し、持ち運び可能な. ハビエル・アスペイティア『ヴェネツィアの出版人』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約14件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 10 ヴェネツィアの出版人: ハビエル・アスペイティア: 八重樫克彦:八重樫由貴子 作品社: 11 生物模倣:自然界に学ぶイノベ-ションの現場から: アミ-ナ・カ-ン:松浦俊輔作品社: 12 トランスヒュ-マニズム:人間強化の欲望から不死の 夢まで 「ヴェネツィアの出版人」 ハビエル・アスペイティア著 八重垣克彦、八重垣由貴子訳 作品社 年5月出版 この本は、15世紀末から16世紀にかけてヴェネツィアで出版者として活躍したアルド・マヌーツィオについて、著者の想像力を交えて小説にまとめた.

「ヴェネツィアの出版人」 ハビエル・アスペイティア: 作品社 : 第2回: 2月9日 「星夜航行」 飯島和一: 新潮社 : 第3回: 2月16日 「陰謀の日本中世史」 呉座勇一: 角川新書 : 第4回: 2月23日 「革命」 マクロン: ポプラ社 : 第5回: 3月2日 「ファクトフルネス. ヴェネツィアの出版人 みんなのレビュー ハビエル・アスペイティア (著), 八重樫 克彦 (訳), 八重樫 由貴子 (訳) 税込価格: 3,024 円 ( 28pt ). ハビエル・アスペイティア『ヴェネツィアの出版人』15世紀のヴェネツィアで、本作りに取り憑かれた男の物語。帯に「ビブリオフィリア必読の長編小説!」と書いてあるにもかかわらず、ノンフィクションだろう、本好き(ビブリオフィリア)が知っておくべき歴史が書かれているのだろうと. 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』 内田洋子著 『ヴェネツィアの出版人』 ハビエル・アスペイティア著 /06/11 05:24 評・土方正志. 10 ヴェネツィアの出版人: ハビエル・アスペイティア: 八重樫克彦:八重樫由貴子 作品社: 11 生物模倣:自然界に学ぶイノベ-ションの現場から: アミ-ナ・カ-ン:松浦俊輔作品社: 12 トランスヒュ-マニズム:人間強化の欲望から不死の 夢まで. ヴェネツィアの出版人 / J.アスペイティア. ハビエル・アスペイティア作『ヴェネツィアの出版人』で小説の鍵を握る出版物として出てくる『ポリフィロの狂恋夢』。澁澤龍彦訳では『ポリフィルス狂恋夢』の初の日本語全訳となるのが、この『ヒュプネロートマキア・ポリフィリ』である。本についての詳しいことは澁澤龍彦著『胡桃の.

さらに自ら選定したギリシャ文学の古典を刊行して印刷文化を牽引した出版人、アルド・マヌツィオの生涯。 ヴェネツィアの出版人 / アスペイティア,ハビエル【著】〈Azpeitia,Javier〉/八重樫 克彦/八重樫 由貴子【訳】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 “最初の出版人”の全貌を描く、ビブリオフィリア必読の長篇小説!. 彼は本当の意味で最初の出版人だったと言っていい。 ――ハビエル・アスペイティア 【著訳者略歴】 ハビエル・アスペイティア 1962年スペイン・マドリード生まれの作家・編集者。1989年『メッサリナ』で小説デビュー。. ヴェネツィアの出版人 - ハビエル・アスペイティア/著 八重樫克彦/訳 八重樫由貴子/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。. / 作品社 / ハビエル・アスペイティア+八重樫克彦+八重樫由貴子 内容紹介:“最初の出版人”の全貌を描く、ビブリオフィリア必読の長篇小説! グーテンベルクによる活版印刷発明後のルネサンス期、イタリック体を創出し、持ち運び可能な小型の書籍を開発し、初めて書籍に. ハビエル・アスペイティア著「ヴェネツィアの出版人」(作品社:年5月30日初版第1刷発行、年8月30日初版第2刷発行)を読みました。 「読書メーター」を見ていたら、ヘラジカさんがこの本について、以下のように的確にコメントしていました。. 良書にこだわった男の人生 人には誰かに書いて欲しいと思う本が必ずある。「シャジャル(エジプトの女性スルタン)の生涯」「クビライの青年.

【画像】(書評)『ヴェネツィアの出版人』 ハビエル・アスペイティア〈著〉:朝日新聞デジタル. 『ヴェネツィアの出版人』ハビエル・アスペイティア 『ポリフィルス 狂恋 夢』という絵入り本の話を初めて読んだのは 澁澤龍彦 の『胡桃の中の世界』だった。. Amazonでハビエル・アスペイティア, 八重樫 克彦, 八重樫 由貴子のヴェネツィアの出版人。アマゾンならポイント還元本が多数。ハビエル・アスペイティア, 八重樫 克彦, 八重樫 由貴子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

ヴェネツィアの出版人 - ハビエル・アスペイティア

email: jososi@gmail.com - phone:(404) 130-2916 x 2818

583 京都工繊大 - 森田靖郎 香港返還と天安門事件

-> ストラヴィンスキー/ピアノ連弾のためのやさしい小品集(5つの小品・3つの小品) - イーゴリ・ストラヴィンスキー
-> わくわく城めぐり - 萩原さちこ

ヴェネツィアの出版人 - ハビエル・アスペイティア - 女性情報


Sitemap 1

子どもの学校生活の相談指導 - 安藤春彦 -